IS6FX(is6com)

IS6FX(is6com)で出金拒否やトラブルはあるのか調べてみた

更新日:

IS6FX(is6com)で出金拒否やトラブルはあるのか調べてみたのアイキャッチ画像

is6comが「IS6FX」に生まれ変わった!

is6comは「TECWrold」グループに買収されたことにより、2020年10月12日からIS6FXとして新たにサービスを開始!

4周年記念のビッグキャンペーンを実施中

2021年10月現在は、is6com時代を含めて運営4年目を記念したビッグキャンペーンを実施中です!

  • 既存トレーダーもOK!LINEお友達登録で3000円のボーナス ※10月9日(土)6:00 まで
  • 4大ビッグキャンペーン①!ロレックスデイトナをプレゼント! ※10/4~30まで
  • 4大ビッグキャンペーン②!IOST暗号資産10万円相当をプレゼント! ※10/11~16まで
  • 4大ビッグキャンペーン③!レバレッジ6000倍口座 ※10/18~100口座に達するまで
  • 4大ビッグキャンペーン④!10月限定ゲリラ企画

資金を増やせる絶好のチャンスですので、見逃さないよう要チェックです!

IS6FXの口座開設はこちらの画像

IS6FX(旧is6com)

IS6FX(is6com)で出金拒否やトラブルはあるのか調べてみたのアイキャッチ画像

is6comはリニューアルされ、2020年10月にIS6FXとしてサービスを開始しました。

理由は、コロナショックで「出金に1ヶ月以上かかる」ことや「約定しない」といったトラブルで大打撃を受けたことによるもの。
この件については、下記で解説します。

その後、TECWroldグループに買収され、トラブルの改善と強化に取り組んでいます。

IS6FXの信頼性

買収先のTECWroldグループは、CEOヌーノ・アマラル氏の会社です。

経歴
元GMOグループ
GMOグローバルサイン(GlobalSign LTD イギリス)CS
グローバル・バイスプレジデント

インターネットセキュリティ事業、ソリューション事業、ホスティング事業のノウハウを生かし、コンサルティング&ホールディングス会社TEC World Ltdを設立し成功を収める。
金融サービスに参入するため、セーシェルに拠点を置くis6comの全運営権を買収する。
新たにTECワールドグループの傘下に、ライセンスを取得しFXブローカー運営会社TEC Solution Ltdとブランド管理会社 IS6FX Ltdを設立する。

GMOは一度は聞いたことがある方が多いと思います。
この圧倒的な知名度を誇る会社を経たことで、浅い運営歴でも信頼度と同時に注目度も上がりました。

また、以前ライセンスは未取得でしたが、IS6FXではセントビンセント・グレナディーンのライセンスを取得しています。

どんな業者?

IS6FXの特徴をまとめました。

・最大レバレッジ1000倍、追証なし
・期間限定の口座開設ボーナスと入金ボーナスあり
・日本語対応
・33種類の通貨ペアと2種類の貴金属が取引可能
・両建て、スキャルピングが可能
・スプレッドは並水準
・取引ツールはMT4のみ
・2万円以上で入金手数料が無料、月1度まで出金手数料が無料

最大レバレッジは最大1000倍となっていますが、残高でレバレッジ制限があります

ボーナスは、is6comで破格の内容を打ち出していることで有名で、IS6FXでも変わらず業界トップクラスの豪華な内容で提供しています。
ちなみに新オープン記念ボーナスでは、新規登録で6万円、付与上限なしの100%入金ボーナスなど、5つのボーナスキャンペーンを開催していました。

日本語対応は完璧と言えるほど。
公式サイトの表記やサポートの返信も違和感がありません。

カスタマーサポートは365日24時間体制となっています。

取り扱っている通貨ペア数は業界では少ないですが、両建てやスキャルピングが可能なので、自由な取引ができます。

スプレッドは口座タイプによって変わりますが、業界ではやや広めという評価です。

取引ツールはMT4に限定されますが、海外FXではメジャーなツールなので、利用経験がある方が多いと思います。MT4初心者は使い勝手に慣れるのに苦労するかもしれませんが、操作はシンプルなので難しくはありません。

出金方法においては、銀行送金のみに対応していますが、月1度であれば手数料を会社が負担してくれます
入出金のコストを軽減できる嬉しいサービスです。

IS6FX詳しくはコチラ→海外FX業者IS6FX(is6com)ってどんな業者?評判をまとめてみた

IS6FXの口座開設はこちらの画像

出金拒否や出金トラブルについて

IS6FX(is6com)の出金拒否や出金トラブルについてのアイキャッチ画像

出金は、FX取引の中で一番重要なアクションです。取引して得た利益も、出金できなければ意味がありません。

海外のFX業者になれば、とくに心配になる人も多いはずです。

残念ながら、出金拒否等のトラブルは実際に起こっています。
理由としては、悪徳業者でなければ「取引規約に違反している」といったユーザー側の原因が多いことがほとんど。

規約を流し見しただけで見落としていたり、把握していないまま取引を行っていれば、知らず知らずのうちに規約に違反していることもあります。

しかし、海外FX業者のすべてが優良な業者とは限りません
中には、こちらに原因がないのに出金拒否をするといった悪質な業者も存在するのも事実です。

安全な業者を選ぶ

悪徳業者に引っかからないように、優良な業者かどうかを見分けるには、以下のポイントをチェックすると良いです。

①業者の運営実績や金融ライセンスを見る

海外FX業者は、運営実績が長いほど信頼度は高く評価できます
運営実績で言えば、20年以上の実績を持つ老舗ブローカーとして有名なiFOREXがありますね。

加えて、金融ライセンスを取得しているかどうかも重要です。

金融ライセンスを取得するには、まず審査を経て、取得先の規約の元で運営を行わなければなりません。つまり、第三者からの監視下で運営していくということなので、詐欺行為といった業者側の不正の抑止になるのです。

ただし、ライセンスには取得が難しいものもあれば、比較的に簡単なマイナーライセンスというものもあります。

所持していれば一定の安全性は確保されますが、取得難易度が高いものほど安全性に優れているということを覚えておいてください。

②グループ会社の金融ライセンスを見る

グループ会社がある場合は、そのグループ会社のライセンスをチェックしておくのも有効です。

金融機関の中には、日本人居住者へのサービス提供を禁止している機関もあります。
そのため、優良なFX業者でもやむを得ずマイナーライセンスを取得しているという業者も多く存在しています。

そこでグループ会社のライセンスのチェックです。

親会社が厳格なライセンスを取得していることで、もし子会社が不正行為を行ったとすれば取消になってしまう可能性があります。
グループ全体の信頼性にも繋がるので、不正を働くことはまず考えにくいでしょう。

③口コミなどで情報収集をする

海外FX業者を利用するにあたって、情報収集は欠かせませんね。
FX専用の口コミサイトやツイッターなどから、業者名を検索してみましょう。

取引の感覚や出金状況やトラブルの有無など、生の声をチェックします。

ただし、マイナスな情報が絶対に正しいとは限りません。
中には意図的な投稿もあるため、判断には十分注意しましょう。

起こりやすいトラブル

最も起こりやすいのが、ユーザー側が規約に違反していて出金拒否されるケースです。

既述しましたが、業者によって異なる取引ルールが定められています。

中には「当社判断で不適切とみなす」といった、明確でないものも。
そのため、グレーゾーンの取引はしないことが賢明です。

取引ルール以外にも、ボーナスや入出金におけるルールもあります。

例えば、「ボーナスを悪用した取引やボーナスの出金禁止」や、「事前に登録しておいた銀行口座とは別の口座に出金するこはできない」といった内容です。

こういったルールに違反してしまうと、出金拒否されたり、最悪口座凍結になってしまうので気を付けましょう。

IS6FX(is6com)で出金拒否やトラブルはあるのか?

IS6FX(is6com)で出金拒否やトラブルはあるのか?のアイキャッチ画像
結論から言うと、is6comは出金トラブルの報告が多くみられました。

公式サイトによるとコロナショックによるものと記載されていて、IS6FXの現在では出金速度が改善されているようです。

出金遅延があった事実

is6comでは、コロナウイルスの影響で大幅な出金遅延が起きていました。
ツイッターで検索してみると、このような口コミが。

出金申請をしてから1ヶ月以上かかっているケースも。
2020年に入ってからのコロナの影響で、サーバートラブルや出金遅延が相次いでいたようですね。

問い合わせも多かったと思うので、サポートデスクの対応も遅れがあったと思われます。

IS6FXの対応は?

IS6FXになった現在の口コミを調べてみました。

IS6FXは出金を3営業日以内という目標を掲げていて、実際に出金速度が速くなったと実感するユーザーが多くみられました。

以前の出金遅延は改善され、問い合わせにもしっかりと対応しているので、今後IS6FXの信頼性は上がっていくでしょう。

出金できないときの対処法

IS6FX(is6com)出金できないときの対処法のアイキャッチ画像

出金できないとき、考えられる原因は以下のものがあります。

出金先の口座情報の間違い

上部で少し解説しましたが、事前に出金先の銀行口座の情報を登録する必要があります。

そこで入力ミスがあったり、IS6FXに登録した名義と異なる場合、出金する事はできません。

ボーナスの取引条件が満たない

ボーナスキャンペーンの中には、取引制限が設けられているものもあります。

例えば、「15lot以上を取引すること」といった取引量の制限ですね。

この条件をクリアしないと出金規制が解除されないといったボーナスキャンペーンもあるので、ボーナスの取引条件には注意してください。

また、ボーナスでは以下の点にも注意しましょう。

  • ボーナスは出金できない(利益分のみ)
  • 一度でも出金するとボーナスが消滅する

ボーナスの悪用や取引規約に違反している

ボーナスを悪用したトレードは禁止されています。

また、IS6FXのガイドラインには以下の内容のものがあります。

  • 不当なトレード報酬を得るトレード
  • 当社判断で不適切とみなすトレード
  • 複数の業者(もしくは複数のトレーダー)の口座で両建て等のヘッジ取引を行うこと
  • 当社で複数の口座を持ち、両建て等のヘッジ取引を行うこと
  • 第3者同士が同じタイミングで入金やトレードを繰り返し、同じタイミングで出金すること
  • 提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなすトレード
  • 経済指標時、アメリカ雇用統計発表時ならびに政府や中央銀行介入など相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなすトレード
  • 事前連絡なしの大きなロット数でのトレード

中でも、「事前連絡なしの大きなロット数でのトレード」は、ついうっかり忘れてしまっていたという人もいるのではないでしょうか。

ただ、IS6FXでは明確なlot数は明記されていません。
is6comでは10lot以上で連絡が必要としていたので、それを目安に連絡を行えば問題ないかと思います。

まとめ

IS6FX(is6com)で出金拒否やトラブルはあるのか?まとめのアイキャッチ画像
旧is6comでは、出金に関するトラブルの報告がありました。
さらにライセンスも取得していない運営歴の短い業者だったため、信頼性に大きく欠ける業者という評価でした。

IS6FXの現在では遅延が解消され、3営業日以内に出金が完了しているようです。
ライセンスもセントビンセント・グレナディーンで取得し、問い合わせにもしっかりと対応している印象を受けますので、今後信頼性の向上が期待できます。

以前最大の魅力のボーナスも継続して展開していることにも注目です。

とはいえ、まだまだ新しい業者なので、今後もIS6FXの動向や口コミを見て慎重にトレードするのがベストでしょう。

IS6FXの口座開設はこちらの画像

-IS6FX(is6com)

Copyright© 120%分かる!IS6FX(is6com)解体新書 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.