IS6FX(is6com)

IS6FX(is6com)のスプレッドまとめ

更新日:

IS6FX(is6com)のスプレッドまとめのアイキャッチ画像

is6comが「IS6FX」に生まれ変わった!

is6comは「TECWrold」グループに買収されたことにより、2020年10月12日からIS6FXとして新たにサービスを開始!

4周年記念のビッグキャンペーンを実施中

2021年10月現在は、is6com時代を含めて運営4年目を記念したビッグキャンペーンを実施中です!

  • 既存トレーダーもOK!LINEお友達登録で3000円のボーナス ※10月9日(土)6:00 まで
  • 4大ビッグキャンペーン①!ロレックスデイトナをプレゼント! ※10/4~30まで
  • 4大ビッグキャンペーン②!IOST暗号資産10万円相当をプレゼント! ※10/11~16まで
  • 4大ビッグキャンペーン③!レバレッジ6000倍口座 ※10/18~100口座に達するまで
  • 4大ビッグキャンペーン④!10月限定ゲリラ企画

資金を増やせる絶好のチャンスですので、見逃さないよう要チェックです!

IS6FXの口座開設はこちらの画像

スプレッドは売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のことを言います。

買値が108.514円、売値が108.511であれば、このときの価格差は0.3銭ということになります。この0.3銭がスプレッドでブローカーの収入源となるわけです。

このスプレッドは取引コストのようなものなので、できるだけスプレッドが狭い、つまり安い方がいいですよね。利用する業者の口座タイプによってスプレッドはさまざまですから、自分に合った業者の口座タイプ選びが必要です。

ここではIS6FXのスプレッドを、口座タイプ別と他社で比較して解説していきます。

IS6FX(旧is6com)

IS6FX(is6com)スプレッドって何?のアイキャッチ画像

IS6FX会社概要

IS6FXは2020年10月12日にオープンしたばかりの海外FXブローカーです。
以前は2017年から営業していたis6comというブローカーで、IS6FXはその生まれ変わりとなります。

 会社概要
ホールディングス会社TEC World.Ltd
運営会社TEC Solution.Ltd
ブランド会社IS6FX.Ltd
サポートセンターフィリピン
設立2020/9/24
資本金36,000,000ドル
ライセンスセントビンセント・グレナディーン
(25965 BC 2020)
社員数63名

※資本金と社員数はグループ全体のものです

生まれ変わった理由は?

以前のis6comでは、コロナショックによって出金やサーバーによる致命的なトラブルが相次ぎ、それが大きく運営に影響しました。
そこでTECWroldグループの買収によってリニューアルされたのが、このIS6FXです。

出金やサーバーに関する問題は、メンテナンスを重ねて改善へ向かっています。とくに出金に関しては、以前よりグンと早くなった印象です。

より迅速で丁寧な対応をすべく、サポートセンターの人員を増やしサポートの強化にも取り組んでいます。

旧is6comで欠点とされていた部分も、IS6FXでは徐々に払拭していくのではないかと期待ができそうです。

IS6FXのスペック

IS6FXのサービスをまとめて紹介します。

  1. 最大レバレッジ1000倍で追証もなし
  2. ドル円平均1.6pips、スプレッドは全体的に広め
  3. ボーナスは業界No,1!口座開設や入金ボーナスに独自ボーナスあり!
  4. 丁寧な日本語サポートで24時間対応している
  5. 約定力は他社に少々劣っている
  6. 取引銘柄はFX通貨ペア34種+貴金属2種+株式指数7種+エネルギー2種
  7. 取引ツールはMT4のみ
  8. 出金スピードが早い
  9. 2万円からの入金で手数料無料
  10. 月一度目の出金は手数料無料

といったブローカーです。

とくにボーナスは、旧is6comで3万円の口座開設ボーナスや最大200%の入金ボーナスキャンペーンで話題になりました。
IS6FXでは、さらにパワーアップしたキャンペーンをかなりの頻度で打ち出しています!

スプレッドについて詳しくは下記で解説しますが、結論から言うと広いです。
しかし、その分ボーナスの内容がかなり豪華なので、トレーダーによっては気にならないと思います。

IS6FXについてやボーナスの詳しい内容は別の記事(以下リンク)にて紹介していますので、ぜひ目を通してみてください。

 

IS6FXの口座開設はこちらの画像

IS6FXの口座タイプと通貨ペア

IS6FX(is6com)の口座タイプと通貨ペアのアイキャッチ画像

IS6FXの口座タイプの紹介

IS6FXには、3つのタイプの取引口座があります。
ただし、今回はボーナスキャンペーンで提供される数量限定口座のレバレッジ6000倍口座は省いて解説します。

口座別トレーダータイプ

  • マイクロ口座:少額取引や初心者向け
  • スタンダード口座:ボーナス利用可能で初心者~経験者までOK
  • プロ口座:スプレッドに特化した経験者向け裁量取引専用の口座

※プロ口座は新規口座開設の受付を停止中

以上の3つの口座ですが、それぞれレバレッジや取引制限、スプレッドが違ってきます。

口座タイプマイクロ口座スタンダード口座プロ口座
基本通貨JPY,USDJPY,USDJPY,USD
レバレッジ100~最大1000倍100~最大1000倍400倍
ロスカット50%50%50%
1ロット単位1000通貨10万通貨10万通貨
最小注文数0.05ロット
(50通貨)
0.01ロット
(1000通貨)
0.01ロット
(1000通貨)
最大注文数100ロット30ロット30ロット
保有ポジション30(新規注文込)30(新規注文込)30(新規注文込)
最低入金額5000円5000円10万円
取引制限××EA不可
ボーナス××

IS6FXを利用する方のほとんどはボーナスを目当てとしているトレーダーだと思うので、口座開設を考えている方はとりあえずでもスタンダード口座での開設がオススメです。

取引手数料は、スプレッドが極端に狭いECN口座でスプレッドとは別に発生する片道手数料のことです。IS6FXではそういった取引手数料はどの口座タイプでもありません。

最大の保有ポジション数は全ての口座で30までとしていますが、注文単位や注文数の制限は口座によって異なっています。
どの口座でもそうですが、他社と比べると大きな取引はあまりできないような設定になっていますね。

また、ガイドラインには大口取引の際は事前連絡必須と記してあり、旧is6comでも10ロット以上の取引は連絡が必要でした。

取引して利益が出ても、これを忘れていると出金することができないので、十分に気を付けてください。

IS6FXの取扱通貨ペア

IS6FXが取り扱っている商品は、FX通貨ペアと貴金属、さらに2021年3月にっはCFDの取扱もスタート!
CFDは、株式指数とエネルギーが追加されています。

提供されているFX通貨ペアはこちら。

通貨ペア一覧
USD/CAD
USD/CHF
USD/CNH
USD/JPY
USD/MXN
USD/SGD
USD/TRY
USD/ZAR
EUR/AUD
EUR/CAD
EUR/CHF
EUR/GBP
EUR/JPY
EUR/NZD
EUR/USD
EUR/ZAR
GBP/AUD
GBP/CAD
GBP/CHF
GBP/JPY
GBP/NZD
GBP/USD
AUD/CAD
AUD/CHF
AUD/JPY
AUD/NZD
AUD/USD
CAD/JPY
CHF/JPY
NZD/JPY
NZD/USD
NZD/CAD
NZD/CHF
SGD/JPY
 
 

 

他社では50~70種類を扱う業者もあるので、比べるとIS6FXは少ない方と言えますね。

それでは他社と比較してみましょう。

<IS6FXと他海外FXブローカーと比較>

IS6FXXM TradingTitanFXiFOREXGEMFOREXHotForex
34種類57種類57種類83種類33種類53種類

日本人トレーダーに人気の米ドル円やユーロ円、ポンド円、米ドルユーロ、ポンド米ドルといった主要通貨ペアがあるので、マイナー通貨で取引をしないトレーダーであれば問題ないですね。

しかし、マイナー通貨やエキゾチック通貨を触るトレーダー、今後取引の幅を広げたいトレーダーには物足りなさを感じてしまうかもしれません

IS6FXのメジャー通貨ペアのスプレッド

IS6FX(is6com)のメジャー通貨ペアのスプレッドのアイキャッチ画像
IS6FXの口座タイプ別のスプレッドは以下の通りです。
今回は主要通貨ペアのみ平均値で記載しています。

通貨ペアマイクロ口座スタンダード口座プロ口座
米ドル円(USD/JPY)2.0pips1.6pips0.8pips
ユーロ円(EUR/JPY)2.9pips2.3pips1.1pips
ポンド円(GBP/JPY)3.9pips3.1pips1.5pips
豪ドル円(AUD/JPY)3.7pips2.9pips1.4pips
ユーロ米ドル(EUR/USD)1.9pips1.5pips0.7pips
ポンド米ドル(GBP/USD)3.1pips2.4pips1.1pips
豪ドル米ドル(AUD/USD)2.5pips2.0pips1.0pips

通貨ペアを比較してみると、どの口座タイプでもユーロ米ドルのスプレッドが一番狭くなっています。そして次にドル円です。

口座タイプで見ると、プロ口座→スタンダード口座→マイクロ口座の順にスプレッドが狭い口座になります。
どの通貨ペアのスプレッドも、スタンダード口座のおよそ1.25倍がマイクロ口座、スタンダード口座のおよそ半分がプロ口座になるイメージですね。

スプレッドは平均値で比較しますが、実際は常に変動しています。値動きが激しい相場ではスプレッドが大きく開いてしまうこともありますので、覚えておきましょう。

スプレッドは広めでもスタンダード口座がオススメ!

既述しましたが、プロ口座はIS6FXでもっともスプレッドが狭い口座になります。
しかし、プロ口座はボーナスがもらえない上に、取引制限がある経験者向けの裁量取引専用の口座です。

もうひとつのマイクロ口座は、少額取引や初心者向けの口座ですが、取引制限はないもののスプレッドが広くボーナスはもらえません

IS6FXで取引するなら「ボーナスを使わなければ意味がない」と言っても過言ではありません。
スタンダード口座はスプレッドは決して狭いとは言えませんが、ボーナスで取引することでスプレッド分の埋め合わせができます

入金ボーナスは100%から最大で300%でもらえるチャンスがありますので、証拠金を最大4倍にして取引できることになりますね。そのため、取引手法によってはスプレッドをそこまで気にすることはないでしょう。

IS6FXと他社のスプレッドを比較

IS6FX(is6com)5社のスプレッド比較のアイキャッチ画像
次は他社のスプレッドと比較してみました。

比較する基準と業者は?

<比較の条件>

  • ボーナスキャンペーンがある業者
  • 提供する口座タイプのうちのスタンダードな口座
  • メジャー通貨ペアの平均値

比較の条件は、以上の3つです。

今回は、「XM Trading・iFOREX・GEMFOREX・HotForex」をピックアップしました。

この4社は、豪華なボーナスキャンペーンを提供している日本人トレーダーにも人気の海外FXブローカーです。

それでは平均スプレッドの比較を見ていきましょう。

5社のスプレッド比較

IS6FXと他社のスプレッド比較

スプレッド比較IS6FX
スタンダード口座
XM Trading
スタンダード口座
iFOREX
エリート口座
GEMFOREX
オールインワン口座
HotForex
マイクロ口座
米ドル円(USD/JPY)1.6pips1.6pips0.9pips1.4pips1.7pips
ユーロ円(EUR/JPY)2.3pips2.3pips1.2pips1.6pips1.7pips
ポンド円(GBP/JPY)3.1pips3.5pips2.5pips2.0pips3.0pips
豪ドル円(AUD/JPY)2.9pips3.3pips3.5pips1.6pips2.3pips
ユーロ米ドル(EUR/USD)1.5pips1.7pips0.9pips1.4pips1.2pips
ポンド米ドル(GBP/USD)2.4pips2.4pips1.5pips2.2pips1.8pips
豪ドル米ドル(AUD/USD)2.0pips1.9pips1.0pips1.5pips1.5pips

上記の中で、もっともスプレッドの評価が高いのは老舗ブローカーのiFOREXとなりました。とくにドル絡みのスプレッドは圧倒的な狭さになっていますね。

ボーナスキャンペーンがある海外FXブローカーの中でも、iFOREXのスプレッドはトップクラスの極狭スプレッドと言えるでしょう。

IS6FXはというと、どの通貨ペアも基本的にスプレッドは広め。大手ブローカーであるXM Tradingと同じくらいで大差はありません。

ドル円やポンド円で言えばHotForexとも大差はありませんが、HotForexは他のドル絡みの通貨ペアのスプレッドが優秀です。

GEMFOREXは全体的に狭くもなく広くもないスプレッドですが、ボラティリティの大きいポンド円のスプレッドが一番狭いです。

IS6FXと4社のスプレッド比較では、「IS6FXのスプレッドは広い」という結果になりました。
ですが、IS6FXはこの中では群を抜いたボーナスキャンペーンを定期的に開催しますので、ボーナスが豪華な分、広めなスプレッドでバランスをとっています。

IS6FXの口座開設はこちらの画像

IS6FXのスプレッドはやや広いがボーナスを利用してカバーできる

IS6FX(is6com)のスプレッドはやや広いがボーナスを利用してカバーできるのアイキャッチ画像
IS6FXのスプレッドは、他社と比較するとやや広いという評価になりました。

スキャルピングトレードや両建てトレードを認めてはいますが、スプレッドが広い点は痛いコストとなってしまいますので、この手法をメインとしているトレーダーにはネックですね。

口座タイプ別で比較すると、プロ口座が一番狭いスプレッドを提供していますが、こちらは新規受付を終了しています。

ですが、IS6FXには業界屈指のボーナスキャンペーンがあります。
口座開設ボーナスであれば1~3万円が受けとれるので未入金でボーナスだけでトレードできますし、入金ボーナスは入金額に対して100%から最大300%の付与率ですので、証拠金を2倍3倍、最大4倍にまで増やしてトレードできます。

ここまでのボーナスがあれば、多少スプレッドが広くても気にならないくらいお得なサービスです。
そのため、IS6FXはさまざまなトレード経験者よりも、少額からはじめたい海外FX初心者向けのブローカーと言えるでしょう。

ただし、このボーナスが受け取れる口座タイプは「スタンダード口座」のみとなっています。

スタンダード口座の平均スプレッドは、ドル円で1.6pipsと狭くはない水準です。
しかしこの口座であればボーナスが利用できるので、少額でもボーナスでスプレッドをカバーして大きな利益を狙えるチャンスがあります。

まずは、口座開設ボーナスキャンペーン開催時に口座開設を行って、未入金でIS6FXを試してみるのはいかがでしょうか?

IS6FXの口座開設はこちらの画像

-IS6FX(is6com)

Copyright© 120%分かる!IS6FX(is6com)解体新書 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.