is6com

is6comの取引時間は?夏時間と冬時間についても解説

更新日:

is6comは基本的に24時間動いている

is6comは基本的に24時間動いているのアイキャッチ画像

is6comは2016年12月12日に設立され、3年未満と歴史が浅い海外FX会社です。
本社はセーシェル共和国にあり、金融ライセンス未取得でどこの規制期間から規制を受けずに運営しています。

資本金は2千万ドルで従業員数は18名で、サポートデスクは日本語対応ありで電話番号も記載されています。
この中でも気になる項目といえば3年未満と歴史が浅くて他社よりも実績がなく、金融ライセンス未習得のため不安になることです。

他にも、スプレッドが他社よりも広くて手数料が高くなるなどのデメリットがあり、10ロット以上の取引をする際には事前連絡が必要でしないと出金を拒否されることもあります。

取引時間はオンラインでは24時間いつでもどこでも対応でき、GMTで日曜日の21時から金曜日の21時まで行っています。

GMTは海外FXをするために使われる用語で、日本時間とのズレを把握することが必要です。

FXは基本的に24時間対応をするため気が向いた時にアクセスができますが、市場が活発になる時間帯を把握する必要があります。

取引時間帯は日本で利用する際には夏時間と冬時間に分けられ、冬時間は月曜日の7時5分に始まって土曜日の6時50分にクローズします。

一方の夏時間は1時間前倒しになり、それぞれの区分を明確に把握して取引を行うことが重要です。
また、FX市場にも15分間ですがクローズする時間もあり、その前後になるとスプレッドが広がりやすくなります。

ちなみに、is6comの取引時間はニューヨーク市場を基準としているため夏時間と冬時間を採用し、それぞれの時間帯を把握することが重要です。

クローズする時間帯は日本時間では夏時間では5時55分から6時10分になり、冬時間は6時55分から7時10分と1時間遅くなります。

この時間帯内の取引は専用のプラットフォームからトレーディングが可能ですが、それ以外の方法ではできなくなります。

取引時間は日本ではなく海外のため時間のズレを正確に認識し、希望する値段でできるようにすることが大事です。

GMTについて

GMTについてのアイキャッチ画像

海外FX業者を利用するための基礎知識として現地の時間を把握しないと意味がなく、値動きを正確に読めなくなるため注意が必要です。

GMTとは世界の標準時間としてイギリスにあるグリニッジ天文台での時間を示し、アクセスする場所と時差があります。
タイムゾーンは経度によって異なり、地球は360度と円形のため15度ごとに1時間ズレる計算になります。

海外の業者と取引を行う時はグリニッジ天文台で表示される時間を基準にするため、日本時間とのズレを正確に把握しないと困るものです。

GMTは日本時間から9時間を引いた時間になり、日本の真ん中付近の東経135度にある兵庫県明石市にある天文台の時間に由来しています。
この時間は昔に標準時間として使っていたもので、現在の協定世界時とは異なるため注意が必要です。

ちなみに、日本との時差が9時間ということは、日本で正午といえばグリニッジ天文台では午前3時になる仕組みです。

時差は海外旅行をするためにきちんと把握しないと時差ボケを起こしやすく、様々なことで困ることになります。

海外FXは国内と違って現地の時間を基準として取引を行うため、24時間対応でない銘柄であればきちんと覚えておかないとたまたま取引を行っていないこともあります。

基本的にFXは外貨の値動きになり24時間変動するため、最適なタイミングでトレードをすると効果的です。

GMTは日本時間から9時間マイナスをすると意識して覚えるとすぐに変換しやすいですが、市場取引をする際には世界各地で開かれているため現地の時間の取扱方法を確かめることが求められます。
中でも夏時間と冬時間を採用する国もあり、CFD取引を行う際には24時間対応ではないため重要な項目になります。

FX市場は24時間眠らないと言われていますが、活発になる時間帯を覚えておくと最適なタイミングをつかむことが可能です。

グリニッジ天文台は世界の標準時間としても採用されているため、正確に覚えると海外でFXをする以外にもビジネスなどでも役立ちます。

時間のズレは正確に認識しないと思うように取引ができないため、初心者であればうまく頭の整理をするように考えたいものです。

取引時間は公式サイトで銘柄ごとにGMTで表示されているため、値動きを間違えないようにしないと意味をなさなくなります。

夏時間と冬時間について

夏時間と冬時間についてのアイキャッチ画像

夏時間と冬時間は一部の国で採用されているため、日本に住んでいれば使い分けることがなくて意識をせずに生活をしています。
ただし、海外FXをするためには採用されている地域との取引があれば正確に認識しないと困るため、きちんと区分を把握してトレードを行うことが重要です。

夏時間はサマータイムとも呼ばれ、冬時間よりも時計の針を1時間早める習慣で欧米各国で採用されています。

基本的にGMTで表示される時間は冬時間と同じで、混乱しないようにしないとたまたま取引をしていないなどトラブルが起きてしまうものです。

この概念はFX取引以外にも海外に旅行やビジネスをするためには覚えるべき基礎知識になり、なおかつ変更されるタイミングは国ごとに期間が異なるため初心者にはややこしく感じます。

夏時間と冬時間を使い分けている理由は太陽の光が出ている時間帯を有効活用するためで、仕事をしやすい環境を作るために行われていることが特徴です。

夏場は冬場よりも日照時間が長くなり、仕事の開始時間を早めてその分終わる時間を前倒しすることで集中しやすくする狙いがあります。
しかしながら、この習慣はすべての国で採用されているわけでなく、日本ではないため海外FXの初心者には混乱する項目の1つです。

トレードをする時は時間が少しでもズレるだけで相場は大きく変動し、場合によっては大きな損失をすることもあります。
このため、初心者がトラブルになる原因としても有名で、トレード前に正確に把握してスケジュールを管理することが大事です。

夏時間に切り替えるタイミングはアメリカ合衆国では3月第2日曜日から11月の第1日曜日であり、ヨーロッパでは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日となっています。

夏時間と冬時間はたかだか1時間ズレるだけだと思ってしまいがちですが、為替相場はその間でも大きく動いているため油断しないようにしないと失敗しやすいです。

一方、オーストラリアは10月の第1日曜日から4月の第1日曜日ですが、ニュージーランドになると9月の最終日曜日から4月の第1日曜日と一定していません。
また、南半球になるため季節も逆になるため、日本では夏であっても現地では冬になるため錯覚しがちです。

このように、夏時間と冬時間は必ずしも期間は一定ではなく、取引を行う国によって切り替えるタイミングが異なります。
取引時間は夏時間になると冬時間より1時間早まるため、FXにも少なからず影響があります。

FXは値動きを正確に把握しないと困ることになるため、曖昧な知識では通用しないことを認識することが大事です。
中でも、経済指標の発表時間が最も注意すべき項目になり、気付かずにトレードをしてしまうとエントリーやポジションを決済するタイミングを逃してしまうことになります。

また、FXはわずかな時間でも活発的に値動きがあるため、多大な損失につながることも多く注意が必要です。

市場は東京時間では季節もまったく関係せずに開いていますが、欧州やニューヨークになると夏時間と冬時間によって微妙なズレが発生します。
日本との時差はGMTと同じロンドンであれば9時間から8時間、ニューヨークであれば14時間から13時間と変動します。

夏時間と冬時間の概念は日本では導入されていないため日常生活でも気になりませんが、海外との取引をするためには基礎的な項目になるため切り替えるタイミングを認識してトレードをすることが重要です。

is6comの取引時間をしっかり把握して取引しよう

is6comの取引時間をしっかり把握して取引しようのアイキャッチ画像

is6comを利用する時は海外FX業者のため、日本との時差を正確に把握しないと多大な損失になる恐れもあります。

基本的に、GMTと呼ばれるイギリスのグリニッジ天文台の時刻を基準として取引が行われますが、夏時間と冬時間を導入する国では1時間ズレます。

夏時間はそもそも夏場に日の入りが早くて仕事に集中しやすくなるように開始時間や終了時間を1時間早めているだけの便宜上の制度ですが、日本では導入されていないため無関係だと考えがちです。

しかし、海外FXをする際には夏時間・冬時間をきちんと理解しないとイメージ通りの取引ができないことや、24時間対応ではなくクローズする時間もありアクセスしてもできなくなることもあります。

is6comでの取引はオンラインで24時間対応ですが、GMTで日曜日の21時から金曜日の21時までになるため日本時間に直すと月曜日の6時から土曜日の6時になる仕組みです。
日本時間との差は9時間ですが、日本では早朝でも現地は夜と時差が発生します。

このため、日本で日曜日の22時にアクセスしてもクローズしているため無意味になり、なおかつ開始や終了の時間帯が近いとスプレッドが広がりやすくなるためなるべく避けたいものです。

取引時間はis6comに限らず海外の業者を利用する際には時差を正確に把握しないと困るため、固定観念を払拭してうまく整理ができるようにする必要があります。

基本的に、時差は経度が15度ごとに1時間ズレる計算になり、アメリカ合衆国とヨーロッパでは夏時間と冬時間を切り替えるタイミングも違うため注意が必要です。

is6comではクローズする時間帯に取引を行う場合は専用のプラットフォームを使うとできますが、正確に把握しないと間違えてしまうこともあります。

時間はFXにおいては非常に重要な要素になり、夏時間と冬時間に関してはきちんと理解しないと思わぬ失敗をしてしまうこともあり注意が必要です。
切り替えるタイミングは国によって異なり採用する期間も一定ではなく、取引を行う国の状況を把握して計画を立てないと大きな損失をすることもあります。

is6comは日本語対応をしているため電話で問い合わせることもできますが、時差があることを認識して行うことが大事です。
夏時間は通常使われる冬時間よりも1時間早まるため、深夜にトレードをする人は睡眠時間が1時間増えるなどメリットがあります。

このように、時間のズレはトレードスタイルにも多大な影響を与えやすく、ポジションの保有時間などを考えて相場の値動きに対応できるようにしたいものです。

is6comは海外の業者のため時間を正確に把握することが基本になり、中途半端な知識のままだと損失につながる恐れもあります。

夏時間と冬時間は日本では採用されていないため初心者には混乱しやすく、なおかつ国によって微妙に切り替えるタイミングが異なります。
しかし、海外FXは国内よりもレバレッジが大きくて一獲千金を狙いやすいため、初心者であれば時間のズレに慣れるようにすると効果的です。

FXはオンラインで取引を行う方法が主流ですが、クローズする時間帯をきちんと理解しないと困ります。

GMTは標準時間として使われるため海外FX以外に旅行やビジネスをするために覚えるべき基礎知識になり、is6comを始める前にじっくりと学ぶと今後の人生に役立ちます。

値動きは時間とともに変動しやすく、社会情勢の変化などがあれば非常に大きくなるものです。
値動きが激しくなるタイミングは最新のニュースをチェックすると分かりますが、市場がクローズする時間帯は取引ができなくなります。

夏時間と冬時間はあくまでも採用する国が決めた便宜上の制度ですが、is6comで取引を行う際にはきちんと把握することが必要です。

トレードスタイルは人それぞれですが、たかが1時間ズレただけでも感覚が変わりやすくなります。
このため、無駄な損失を避けるように採用される時間を確かめ、事前にスケジュールを決めてイメージ通りの取引ができるようにしたいものです。

海外FXはis6comに限らず日本時間とのズレを正確に把握しないと失敗するもので、曖昧にならないよう柔軟に考えるように努力する必要があります。

取引時間は値動きを正確に把握するためには必要不可欠で、基本的に活発になる時間帯を把握して少しでも利益を出せるように考えることがポイントです。

-is6com

Copyright© 120%分かる!is6com解体新書 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.